自殺衝動供給源としてのアルコール

自殺には通常、大きな衝動、かなりエネルギーが必要です。

アルコールに注目しているのは、アルコールが、そのエネルギー供給源として最も一般的だからです。


オックスフォード大学のオックスフォード・ジャーナルに掲載された2005年のコロンビア大学神経科学科のレポートです。

自殺者の多くがアルコールを飲んだ状態で運ばれてくることが書いてありますが、以前は、日本でも、「自殺者のほとんどは酒か薬を飲んでいる」と言われていたのですが、そういうことは、なぜ言われなくなったのでしょうか。

また、このレポートでは、アルコール依存も含む精神病歴のない自殺者に、アルコールがかなり絡んでいるのではないかという、長い間語られてきた考えも示されています。アルコールに引き起こされた衝動による突発的な自殺です。

たぶん、無視されている警告(1)

エーザイが医療関係者向けに医学医療情報を発信している『CLINICIAN(クリニシアン)』。その1990年のバックナンバーに「アルコールと自殺」というタイトルの文章があります。著者は有名な大原健士郎です。

見殺しにするな!アルコールによるうつは、アルコールのコントロールで改善する

以前に取り上げた、久里浜アルコール症センターの報告に見逃している部分がありました。

4ページをごらんください。「飲酒によって生じたうつ状態は飲酒をやめることによって消
失することも実験から示されている」

海外の例で、アルコールのコントロールが自殺対策に大きな効果を持つ理由のひとつが、これではないでしょうか。



そして、年間自殺者3万人超を問題にしながら、アルコール問題に触れないマスメディアの姿勢は、スポンサー圧力(あるいは自主規制)から生まれていることは、簡単に予想できます。


自殺を減らしたいという意思は、おそらく彼らにはありません。

前進か

久々に書きます。

政府の「自殺対策白書」。平成20年版、アルコールの危険についての記述が、明確になってきたようです。

さらに前進か

人工甘味料の危険性もマスメディアが追求するようになってきました。ただし、アメリカの話。




日本では報道されず・・・

この国に、北朝鮮を笑う資格はない。

アルコールと自殺、そして脳との関係を知れ! by 厚生労働省

アルコールとうつ、自殺

アルコールと認知症

厚生労働省による発信です。目立たないようにしてありますが。
今までの研究成果から必然的に導き出される結論が書かれてます。

このブログで今まで取り上げてきたことと、かなり重なっています。

自殺を防ぐとして感傷的な活動をしている、調査や分析の仕方も知らない自己満足NPOが出すものよりも、全く、まともな情報です。


自殺を減らしたいのなら、まず、事実の周知です。


そして、ここにも取り上げられていませんが、実際に、アルコール消費量のコントロールによって、自殺の減少を達成した国があるのです

アルコールの危険についての、イギリスでの研究

 JUGEMテーマ:気になること