<< うつとアルコールの連鎖 | main | 「WHOによる自殺予防の手引き」に示されているアルコールの危険性 >>

アルコールと自殺率との密接な関係が、この国では伝えられていない

しばらく、「アルコール+α」以前に、「アルコール」そのものと自殺との関連について記していきます。十分に伝えられているとは思いませんから。

まずは、海外の研究をまとめた産業医実務研修センターのサイト内にあるレビューをごらんください。

「アルコールの自殺率に与える影響は男性にしか認められない」というノルウェーの研究が、今の日本の自殺率の男女差を想起させますが、最後にある以下の事実を未来のために強く記憶しておきたいと思います。

「スウェーデンにおける一人当たりのアルコール摂取量を25%減少させたことで肝硬変、事故、自殺による死亡を半分にすることができた。また同様に、大量飲酒常用者(例えば上位5%)のアルコール量を36%減らすことによって肝硬変、事故、自殺による死亡を半減させることができた。」


もちろん日本でも、研究発表はされています(最近になって、という感じはありますが・・・)。

まず、厚生労働省研究班による2006年の発表全く飲まない人も自殺率が高いということが、少し話題になった発表ですが、それについての但し書きもご覧ください。

2007年になると、東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野の発表が出てきています。「飲酒量が増加することで自殺リスクが高まる」という単純な結論は、果たして前の研究ほど広く伝えられたでしょうか。

日本での研究ではありませんが、これらより以前に2000年に公表された「WHOによる自殺予防の手引き」が2002年に厚生労働省の補助金で翻訳されています。「これらの手引きはわが国(日本)でも十分に利用可能なものと考えられる」と翻訳時に注釈が加えられた手引きの中で、アルコールと自殺との関連が、はっきりと指摘されています

アルコールが自殺に与える影響は、国によっても認められていると考えて良いのではないでしょうか。


アルコール飲料メーカーのサイトには、必ず、アルコールと健康について書かれたページがあります。

キリンの場合。

アサヒの場合。

サントリーの場合。

サッポロの場合。


アルコールと自殺率との関連についての記述は見当たりません。アルコール依存症の説明の中にさえ。

他にも重要なことが省かれていますが、それは、また後日。


ところで、
私は基本的に規制論者ではありません。選択はできるだけ自由であるべきです。しかし、そのために情報発信はフェアであるべきだと思っています。

話はそれますが、では、危険性が発信され続けている「たばこ」についてフェアとは思いません。1社独占が法律で決められているため、選択の自由もフェアな情報発信も、原理的に不可能です。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック